故人の為に遺品整理や墓石購入価格を知る【天国への道づくり】

荷物をしまう人

社会問題の一つ

少子高齢化や核家族化が叫ばれる中で、家族と離れて暮らす老人や独居老人の数は年々増えています。こうしたことから遺品整理を代行する専門業者が徐々に増えてきています。

Read More

高齢社会の実態

現在の日本は急激な勢いで社会の高齢化が進んでいます。この状態のせいで若年層の割合が減ってきており、故人が亡くなった後の遺品整理も満足にできなくなっています。そんな時には専門資格を取得している遺品整理業者に依頼すると良いでしょう。

Read More

専門業者に依頼する

いまや遺品整理で形見分けをしたあと、不要と判断されたものに関しては買取サービスが行われていています。遺品整理の専門業者が直接行なっている場合もあれば、仲介役として紹介してくれることもあります。大きい家具や今まで使用していた楽器、家電、その他のもので買取が出来るものに関しては依頼して持って行ってもらうことが可能です。もし部屋にあるものを買取ってもらった場合、その買取金額を遺品整理の費用にあてることも出来ます。また買取をしてもらい物が減る分、整理するものも少なくなるので、遺品整理作業自体の費用も抑えられる場合があります。業者ごとに買取までの流れは違うので、始めに相談や見積もり段階で確認しておきましょう。

もし遺品整理のときに買取依頼をするのであれば、知っておくべき点があります。それはどの業者に買取を依頼するかという点です。中には遺品整理と買取を一緒に行なってくれる業者もいますが、出来ない場合別の業者に依頼することもあります。もし別業者に依頼してしまうと時間がかぶったり、逆にずれ過ぎたりするということが起こりかねません。そのため、なるべくは一緒に行なってくれるところを探しましょう。さらに買取の場合、きれいなものや新しいものほど価値が上がる傾向があるので、その点も知っておくべきでしょう。また親族内で遺品の処理に関してトラブルが発生することもあるので、事前にどれを買取してもらうのか相談してからにしましょう。

故人の思い出を整理

遺品整理は、遺族にとって故人の思い出や記憶を遺す事が出来る最後の仕事になります。しかしプライバシー面も考えると身内でも整理が行いづらくなるので、遺品整理をするときは事前に片付け方法などを計画しておくことが大切です。

Read More